HOME > ビジネス > ERPソリューション > Financial > 固定資産管理ソリューション

固定資産管理ソリューション

グループ経営管理を固定資産から支援

グループ全体の固定資産管理を一括で行うことで、連結決算業務の効率化を行うと共に、IT業務処理統制による内部統制の強化も支援致します。

連結決算を支援する固定資産管理ソリューション

IFRSの対応や連結会社間での資産売買等、固定資産管理が複雑化しています。
法改正に完全対応するだけでなく、連結決算を支援する固定資産管理ソリューションをご提供します。
個別会計システムへの仕訳連携に加え、連結会計システムへの未実現損益消去連携を行なうことで、内部統制の不備事項として多くあげられる連結調整仕訳の誤謬を防ぎます。

連結固定資産イメージ
  • IFRS対応
  • IFRS第1号国際財務報告基準の初度適用における固定資産のみなし原価算定に対応します。
  • IAS第14号のセグメント別報告の固定資産部部分の表示に対応します。
  • IAS第16号の有形固定資産に対応します。
  • IAS第20号の政府補助金の会計処理および政府援助の開示の固定資産圧縮記帳に対応します。
  • IAS第23号の借入費用の固定資産の取得原価に算入に対応します。
  • IAS第36号の資産の減損に対応します。
  • IAS第38号の無形固定資産に対応します。

特長

IFRS適用後の運用を支援する複数台帳管理機能、IFRS適用時の簿価算定を支援する償却遡及機能、連結決算を支援する未実現損益管理機能等、経理業務の軽減を意識した機能が特長です。

①複数台帳管理

各基準に基づく償却計算が可能

②償却計算遡及

みなし原価算定の為、取得時に遡り、償却計算を行うことが可能

③未実現損益管理

グループ内での固定資産売買を管理→未実現損益消去データを連結システムへ連携可能

Copyright Solution & Technology Ltd. All rights reserved.

▲TOPへ戻る